八重桜

特等席

我が家の隣りの公園の八重桜が5分咲きです。

昨日いらっしゃったお客様が、施術イスに座って外を眺めながら

「特等席ですね。」とおっしゃいました。

私もこの景色が好きで、毎朝窓を開けて朝日とともに眺めるのが日課です。

お客様とも、楽しいお話しに花が咲きました。

Mahalo&Aloha

 

家庭菜園

テーブルビートを育てたい!

もうずいぶん前になりますが、テレビで「ビート」についての特集がありました。

ウクライナの民族料理ボルシチに欠かせないという、真っ赤な野菜。

日本では甜菜(てんさい)と呼ばれているそうです。

色がとってもきれいで、私の大好きな、なんともいえない赤色!

この真っ赤な色はベタシアニン色素といわれ、高い抗酸化作用があるとのこと。

またビートはリン、ナトリウム、マグネシウム、カルシウム、鉄、カリウムなどを豊富に含んでいるそうです。

ぜひ食べてみたい!と思い、スーパーなど探してみましたがありませんでした。

これは自分で作ってみるしかない、と思いながら昨年からウズウズしていました。

ようやく春になりホームセンターに種を買いに行きました。

種はゴツゴツした感じでほんのりピンク色。

発芽までは土の表面が乾かないように水をあげます。

3月の末に植えて、2~3週間で発芽しました!

間引いた葉っぱはグリーンサラダにします。

順調に育てば、6月から7月収穫できます。

毎日成長を見るのが楽しみです!

Mahalo&Aloha

 

 

 

お問合せフォーム復活しました

大変ご迷惑をおかけいたしました。

お問合せフォームよりご連絡いただけます。

確認メールがすぐに届くと思いますが、しばらくしても届かない場合は、迷惑メールの方に入っている可能性もありますのでチェックしてみてください。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

真波路~mahalo★ma-lin

【お問合せ】詫び

お問合せフォーム不具合について

HPの『お問合せフォーム』からメッセージを送ったけれど、しばらくしても返事が届いていないとのご指摘を、お客様からいただきました。

お問合せしていただいたお客様で、返信がなかなかこないという方がいらっしゃっしゃいましたら、本当に申し訳ございません。

ただ今、お問合せフォームの復旧に努めておりますので、それまでこちらの方へお問合せ等、ご連絡くださいませ。

mahalou1173@gmail.com

ご迷惑をおかけしまして申し訳ございませんでした。

真波路~mahalo

 

一本橋こちょこちょ

ハンドマッサージ?!

先日、夕飯も終わり家族でまったりTime。

テーブルの下に息子(小3)がもぐってくつろいでいたので、昔よくやっていた“一本橋こちょこちょ”をふと手をとりやってみました。

小さいときは、くすぐったくてキャッキャ言っていましたが、全然そのような反応はなく。

「きもちいい~。もっとやって~。」と言ってきたので、何回もやるハメに。

そういえば前にハンドマッサージを教えてもらったことがあったのを思い出し、手をモミモミしてみました。

これまた「とっても気持ちいいからもっとやって。」と言われ・・・

そして寝る前に足もみ。もうVIP待遇です。

因みに、5才の娘は“一本橋こちょこちょ”をするとすごくくすぐったがりました。

お兄ちゃん、DSゲームのやりすぎで手が凝っていたのか、はたまた勉強のしすぎか。

後者はないですな。

Mahalo&Aloha

 

龍神様

慈光寺の杉並木

新潟の五泉市にある慈光寺に行ってきました。

駐車場に車を停めて、お寺までは杉並木を歩いて10分ほど。

息子がまだお腹の中にいたとき、友人達とこの地を訪れ、大きなお腹を抱えながら歩いた記憶が蘇えります。

木の香り、小川のせせらぎ、鳥の鳴き声を聞きながら、深呼吸が気持ちいい~。

道中、子どもたちはお地蔵さんに葉っぱのお供え物をしたり、取れかけていたお地蔵さんの頭巾を直したりと、なかなか前には進みません。

のんびり歩いていて、ふっと一本の杉を見上げると、そこに!!!!!龍神様が!!!!!

以前読んだ、‘「龍使い」になれる本’に、木にも龍神様が宿ると書いてあったので、これはきっとそうに違いない!と思いました。夫も私も興奮しながらシャッターを押しました。

この本を読んでから、空の雲に龍神様を見かけることが多くなっていました。

何もないのに、とってもいい香りがしてきたり。

龍神様が私たちの身の回りにいて、成長を後押ししてくれているような気がします。

ねじれ杉も発見!

こちらのお寺では、写経や坐禅、郷土精進料理なども味わえるそうです。

自然の中で自然の音を聞いていると、いつもの生活がいかに騒がしく情報過多なのかがわかります。

心穏やかに、シンプルに、自然を感じながら生きていきたいですね。

Mahalo&Aloha

 

 

 

 

 

春の入門講座

わくわくママさんになる全3回コース

春はなんだかわくわくする季節。

ぽかぽか暖かくなり、冬用の厚いコートもいらなくなって、身も心もなんだか軽くなります。

真波路~mahaloでは、春のリフレクソロジー入門講座を開催します。

どうぞお気軽にご参加くださいね!

火曜コース☆

第1回目*5月9日

第2回目*5月23日

第3回目*6月6日

 

木曜コース☆

第1回目*4月27日

第2回目*5月11日

第3回目*5月25日

※各曜日定員5名。日程の合わない方はご相談ください。

 

 《 講 座 内 容 》

第1回目『ママのキレイは内側から』なぜ足を揉むと元気になるのか、セルフケア

第2回目『足から体の声を聞いてみよう』足分析、セルフケア

第3回目『季節と臓器と食べ物の話』簡単な陰陽五行の話し、セルフケア

 

時 間 : 10:15~11:45

場 所 : 新潟市江南区自宅サロン

参加費 : 5,000円(3回分のセット料金、初日お支払い)

        *足もみ棒、フットクリーム、足裏マップ、教材費込

対 象 : 女性(お子様同伴可、妊婦さんはご参加いただけません)

持ち物 : フェイスタオル、筆記用具

服 装 : 膝まで出せるズボンなど

お申込み・お問い合わせはこちらまでもっとわくわくママさんになるリフレクソロジー入門

Mahalo&Aloha



子どもに伝えたい足ケア

毎日の日課

だんだん春めいてきましたね!

それなのについ先日、息子の小学校でインフルエンザがやってきて猛威をふるっていました。

それも、息子の学年だけ。

一番仲良しのお友達もかかってしまいました。

前の日の夕方まで、元気に息子と私と娘も一緒に縄跳びをして遊んでいた、近所のお友達もダウン。

27人中、16人がかかってしまい、学級閉鎖にもなりました。

友達のママも心配して「○○くん、かかってない?」と連絡をもらいました。

そんな過酷な環境にいた息子ですが、どうにかかからずに乗り越えました。

おそらくかからなかった理由は

たぶんこれで常に加湿してたからかな~。

あとは毎日お風呂のとき、足をよく洗っているからかな~と思いました。

毎日子どもの足をもんであげたいのですが、なかなかそうもいかないこともあります。

それなので、子どもたちにはしっかりお風呂に入って体を洗うとき、特に念入りに足を洗うように言っています。

足の甲には、のど・気管や扁桃腺、リンパ腺などに繋がるスイッチ(反射区)があるので、風邪予防によく刺激しながら洗っています。

時間のないときでもザブンとお風呂に入って、足を洗ってからあがる習慣ができてきています。

最近私も風邪をひいて寝込むということはありません。

子どもに伝えたいことの1つが足のセルフケアです。

大人になっても続けていって欲しいですね。

Mahalo&Aloha



足もみとの出逢い

なぜ足もみ?なぜママさんに伝えたい?

私、真波路ma-linが足もみに出逢ったのは、2人目が産まれて家にこもって本ばかり読んでいたときでした。

長男を36才のときに出産、娘は39歳のときに授かりました。

長男の寝顔もしぐさもなにもかもが可愛くてかわいくて。

こんなに可愛いんだったらもう一人ぐらい欲しいな~と思いました。

高齢出産になるのでできるだけ早く授かるといいな、と思っていたら二年後に授かりましたが、残念ながら3ヶ月目でさよならすることになってしまいました。

そんな悲しみを乗り越え、また私の元に一年後、可愛い命がやってきてくれました。

その時息子は2歳半のやんちゃ盛り。いったん外に出れば「帰りたくない!」

高齢の妊婦には、身体的にも気持ち的にかなりキツイ状態でした。

近くには頼れるじいちゃんばあちゃんもいなくて、産前産後4ヶ月、保育園に預かってもらい本当ににありがたかったです。

産後は家で育児と家事の合間に本を読むのが楽しみでした。

きっと心も身体も休める時期だったのだと思います。

その時、『雲の上に木を植える』という本の中で、竹炭職人の新野めぐみさんが足もみをする場面に出逢いました。竹炭も魅力的でしたが、足もみも気になってしかたありませんでした。

すぐに足もみの本も探して読みました。

若石 足はあなたの主治医

老化は足から始まる。

台湾では総合病院において正式な治療法として導入されている。

・西ドイツにおいては政府が医療保険適用の対象にしている

初っ端から衝撃&ワクワクしっぱなしでした。

 

足もみのやり方も書かれていたので自分でもやってみました。

足もみで自分の健康維持ができる、家族の健康も守れると思ったら、もっともっと知りたくなっていきました。

近くの若石サロン“さんぽみち”さんにも行ってみました。

子どもを胎内市の実家に預け初足もみ。

正直、痛かった。でも施術してくださったスタッフの方とおしゃべりしながらとても楽しく、心も身体もスッキリ軽くなって帰ってきました。

そしてもっと学んでみたいと思い、さんぽみちさんで初級プロの資格を取りました。

その年の夏に新潟で認定プロ講座が初開催されるということで、かなりまだ心にも時間にも余裕がなかった時期でしたが、家族の協力を得て、晴れて認定プロに合格することができました。

息子が小学校に通いだし、少しづつ心にも余裕が出来てきて、自宅で足もみサロンをやろう、と決意しました。

真波路~mahaloは、私のように子育て中のママさんや、これからママさんになられる方に足もみを知っていただき、まずは日頃がんばっているママさんから元気になっていただきたいと思っております。

サロンに来てもらって足もみをしてもらうのもたまにはいいですが、足もみはできるだけ毎日やってほしいので、家庭を守っているママさん達に足もみをお伝えしたいのです。

ママさんが、子どもや旦那さん、おじいちゃん、おばあちゃんの足をもめたら、凄くないですか?

足もみで毎日健康管理ができたら、医療費も減ります。

そしてなんといっても、これから子どもが大きくなってもずーーーっとコミュニケーションツールになります。

足を見て、身体や心の状態までわかっていきます。

道具もほとんどいらずどこでも誰でもできるシンプルな健康法です。

これからの子どもたちの未来のため、地球のために、一緒に若石健康法を学んでいきましょう。

真波路~mahalo ma-lin



初アロマ講座体験

アロマで癒される♪

以前から興味があった“アロマ”の講座を受けたいな~と思い探していたら、うちから車で5分くらいのところに、こんな素敵なお店がありました。

“Natural Touch”さん

ディスプレイのかわいい雑貨やグリーン、アロマの香り、なんだかいるだけで癒される空間。

今日は、簡単にできる“つやつやリップクリーム”と“しっとり化粧水”を作ることにしました。

アロマで何かを作るのはまったくやったことがなかったので、須田先生のアロマ基本情報をたくさん織り交ぜていただきました。

精油は自然から採れるものだけれど、取り扱いなど注意しなければいけないこともあるんですね。

自分でもスプレーとか作ってみようと思って、好きな精油だけは買ってあったので、とても勉強になりました。アロマ、奥が深いですね。

作業は、ミツロウをキャンドルで溶かしたり、小さなビーカーで材料を計ったり、実験のように楽しく作ることができました。

どちらも私好みの香りに仕上がりました。

今度は石鹸なども作ってみたいな~と思っています。

 

帰りに、ウサギちゃんを飼っているということで抱っこさせてもらいました。

人なつっこくて、毛がフワフワでこれまた癒されました。

Mahalo&Aloha